<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

* ・ * Joyeux Noël ・ * *

アルザスのクリスマスから離れて5年になる今年

マルシェ・ド・ノエルの禁断症状が出そうなくらい恋しくなって

けっこう色んなものを作ってみました



こんなものや・・・



こんなもの



これが日に日に馴染んでいくのを味わっているうちに




クリスマスがやってきました!



今日でクリスマスを準備するワクワクが終ってしまうかと思うと

少し寂しい気もしてしまうのですが・・・

それはまた来年のお楽しみにして



メリークリスマス!




- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

サンタがウチにやって来た♪


12月に入り、いよいよクリスマスが近づいてきましたねリース
クリスマスのデコレーションものがあまりない我が家ですが、
お庭に切り株サンタを並べてみましたkira

こちらは、フランスに滞在してい頃に、
ライン川を渡ったドイツ側の隣町ケール(Kehl)のマルシェで買ったもの。
フランスに来て1年目の、まだ仕事も始めてない頃(初々しかった頃!?)に
買ったはず星

木の素朴な感じと、断面に顔を書いただけのシンプルさ、
なのに表情がなんともかわいくて3人購入しました。
(ほんとはもっと欲しかったのですが・・・)
あまりに気に入って、日本へのクリスマスギフトに1人ずつ忍ばせたくらいうれしい
今年やっと、居心地のいい場所を見つけたようですクローバー

そして2月のもう1つのかわいいイベント、サン・ニコラクリスマス
なんと先週でした・・・。(12月6日です)
人型のブリオッシュとホット・チョコレートを食べる日クッキー
だったのになぁ・・・。


なので今年は写真だけでも・・・。

去年のこの時期にお教室用で作った時のものです下

来年は、必ず忘れずお祝いしますびっくり
 
日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

『SHIMICOM』12月号に掲載されています!

イオン化粧品のwebマガジン『SHIMICOM』12月号
テーマが「コンフィチュール〜Joyeux Noël!Adores Confiture!〜」ということで、私と私のコンフィチュールを取り上げていただきましたイチゴジャム

インタビュー形式の記事は今回が初めてだったのでドキドキでしたが、
ライターさんもカメラマンさんも女性だったこともあり、
途中から女子会のようにワイワイ盛り上がってしまいました。
私は楽しかったんですが、きっとライターさんは文章にまとめるのが大変だったろうな・・・しょぼん

今回の取材のきっかけは、SHIMICOMの方がパン好きで、
東京・経堂のパン屋さん「ハチイチベーカリー」さんでLe fruit de l'auroreのコンフィチュールを買ってくださったこと。
取材の依頼と共に、
「『リュバーブ×干し杏×アルザス白ワイン』が本当に美味しくて、
 会社のスタッフたちがなんやなんやと集まってきて、
 あっという間に一瓶完食してしまいました。」
と言ってくださいました。うれしい

ハチイチベーカリーさんは、今年の2月からお取引が始まったお店ですし、ハチイチさんとのお取引のきっかけも、私の友人であり先輩である人の紹介から。
そして、今回の取材でお世話になったカメラマンさんの提案で、
また一つイベントに招待していただけるかも星
ほんと、”人”さまさまですね感謝2

そんなこんなで出来上がった『SHIMICOM』12月号
Le fruit de l'auroreのHPでは紹介できていない、私のフランス修業時代や、コンフィチュールに魅かれるようになった訳などもお話していますので、
どうぞご覧になってみてください感謝2
(今月の1ヶ月間はトップページに、その後はバックナンバーとして
 ご覧いただけます)


SHIMICOM by ION Kesho
http://www.shimicom.net/
お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

『パンと器とエトセトラ』@シャムアギャラリー



11月21日(木)〜26日(火)に、大阪・北堀江のシャムアギャラリーで、
展示会『パンと器とエトセトラ』が行われます。

小西良さんの器に美味しいものがのっかり、
ポストカードやコーヒーなどが販売されるうちの一つとして、
Le fruit de l'auroreのコンフィチュールイチゴジャムも置いていただきます。

一つ下の階のカフェ『シャムア』さんも
フランス雑貨好きにはたまらない空間星

ギャラリーは夜20時までOPENしていいますので、
近くへお越しの際は、ぜひぜひお立ち寄りください感謝


『パンと器とエトセトラ』
2013.11.21(木)〜11.26(火)
SHAMUA GALLERY
大阪市西区北堀江1-6-4 欧州館4F
tel 06-6538-9860
open 14:00〜20:00
http://shamua1996.blogspot.jp/
お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

突然のハート♡

今年も、紅玉の季節がやってきましたリンゴ
せっせと仕込んでいたら、皮をむき終えた瞬間、ヘタ部分がハート型にドキドキ

もくもくと一人作業を続けている中、こんなちょっとしたハプニングがあるだけで、元気が復活するもんなんです筋肉

もちろんこの紅玉たちはコンフィチュールへと変身するのですが、せっかく手に入った紅玉なので、お菓子も作らないともったいない。というわけでコチラ下

昨年のお菓子教室でもご紹介した、オープンアップルパイ。
艶だしは、もちろんLe fruit de l'auroreの杏のコンフィチュールですぐー

あと1週間ほどで、りんごのコンフィチュールイチゴジャムを発売できる予定です。
どうぞお楽しみに感謝2
日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

『ジャムとおいしく暮らす本』に掲載されました!


9月21日に発売された『ジャムとおいしく暮らす本』(学研パブリッシング)に掲載していただいてます拍手

私は「ジャムのある暮らし」の中の”ジャムを作る人”として登場。
初めてコンフィチュールを作る工程の取材を受けたのですが、
ドキドキ緊張はしたものの、終わってしまえばあっという間でした星
カメラマンさんも、”食”をメインに撮っていらっしゃる方だったので、
どれも美味しそうに写してもらっています。
(いや、実際に美味しいんですよむっく

そして”ジャムを楽しむ人”として、私がなにかにつけてお世話になっている、
フードスタイリストの丹羽彰子さんも登場!
取材依頼はそれぞれ別々にいただいていたのですが、「お友達なんですねクローバー」ということで、丹羽さんのページに私も(私のコンフィチュールもイチゴジャム)お邪魔させてもらっていますうれしい

他には、世界中のジャムを紹介する”ジャム図鑑”のページがあったり、
読みものとしても楽しい内容。
表紙もかわいらしい体裁で、私にとっても思い出の一冊になりそうですkira

どうぞ書店で手に取ってみてください感謝


  SENSE UP LIFEシリーズ
  『ジャムとおいしく暮らす本』
   編 学研パブリッシング
    1,365円(税込)

お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

再び『暮らしの蚤の市』に出店します!



10月5日(土)、6日(日)に芦屋のスペースRで開かれる
『暮らしの蚤の市vol.20』に出店いたします拍手
※ただし、Le fruit de l'auroreの出店は6日(日)のみです!

6月の『暮らし蚤の市vol.19』に初めて参加したので、今回が2回目。
(前回『暮らしの蚤の市vol.19』の様子はコチラ
前回はコンフィチュールイチゴジャムとスコーン3種ビスケットを販売したのですが、
今回も、コンフィチュールとスコーンはもちろん、
それに加えて焼菓子を2〜3種マドレーヌ持って行けたらなと思っています。
前回好評だったスコーンも、新しい味を加える予定です。

イベントでしか販売しない焼菓子もそうですし、
コンフィチュールも試食しながら買えるのはイベントだけぐー
ぜひぜひ、覗きに&遊びに来てください感謝

他にも蚤の市には、雑貨や洋服、アクセサリー、パン・・・などなど、
いろいろなものが販売されるので、私自身も今から楽しみえへ

秋晴れの中、皆さまにお会いできるのを楽しみにしていますクローバー


〜スペースRの暮らしの蚤の市 vol.20〜
 日時 : 10月5日(土)、6日(日)
     11:00〜17:00 (雨天決行)
     ※Le fruit de l'auroreは6日(日)のみの出店です。
 場所 : 「スペースR」 オ−プンテラス(1階)、ギャラリー(3階)
     「カムカム」 デッキ
     兵庫県芦屋市茶屋之町1-12
     TEL:0797-38-2949
     URL:http://www.ryu-ryu.com/
      facebook:https://www.facebook.com/ryuryu.SPACE.R

     
お知らせ | permalink | comments(2) | trackbacks(0) |

中秋の名月


今日は中秋の名月。しかも満月月
天気も良いので、ウサギが餅をついている様子が見れたでしょうか?

見れなかったとしても、もちろん食べなければ!月見団子!
お月見のイラストなんかで見かけるのは、三方(さん)にピラミッドのように
積まれた白くて丸い月見団子ですが、スーパーやお団子屋さんで見かけるのは、この細長くて餡子に包まれてるタイプ。
小さい頃は、「これじゃあ、山みたいに積めないよなぁ」と思っていたものですが、どうやら月見団子は地方によって違うみたいです。

去年から始めた茶道のお稽古の成果を!ではありませんが、
せっかく和菓子を食べるのでお抹茶を立ててみましたお茶
茶道のお点前では、お抹茶をいただく前にお菓子を食べきるもの。
でも、実際にお抹茶が出る前に食べ終わるとなると、意外と時間が短く、
パクパク食べないといけないので、なんとなく
「お抹茶と一緒に食べられたら、もっとゆっくり味わえるのになぁ」
と思っていました。
なので、こうしてお家でお茶を楽しむときこそ!と、
お菓子とお茶を同時にいただいてみると・・・んはてなはてなはてな
なんだか合わない。というより、美味しくないむっく

お抹茶を1口飲んだ後にお菓子に戻ると、
お菓子の甘さがお抹茶の味と香りに負けてぼやけてしまうせいか、
さっきまで美味しかったお菓子がアレ?と残念な感じにはてな
「お団子だからか?」とも思ったけれど、一緒に買った練り切りとも
やっぱり合わない。ということは、やっぱりお抹茶だからですよね。

煎茶やほうじ茶のようにゴクゴク飲めるような優しいお茶なら、
お菓子と一緒に食べて美味しいけれど、お抹茶(お薄)は味も香りも濃いので、
最後の”締め”にしないとダメなんでしょうね。
”茶道は全ての所作に意味がある”と言いますが、納得できた気がします感謝

不思議なことに、フランス料理でも、食後のコーヒーはデザートを食べ終わった最後に出てきます。でも、コーヒーと一緒に”Mignardise”と言われる
チョコレートや小さいお菓子が出てくるし、時々
「コーヒーはデザートと一緒にお持ちしましょうか?」
と聞いてくれたりもします。
デザートがボリュームのあるものだったり、特にチョコレート系の場合は、私は断然、一緒にコーヒーを飲みたい派ですコーヒー

私が頼むのは大抵”カフェ・オ・レ”か”カプチーノ”なので、そう思うのですが、
エスプレッソの場合は、やはりデザートを食べ終わった後が良いのかもしれません。
いつか、あの濃いエスプレッソをクイッと飲める大人になりたいものですねぇ星
日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

帰国しました!

1週間前にストラスブールから帰国しました飛行機

今年で3回目のストラスブール遠征(?)。
4週間という長いようで短い滞在は、
いつもいつもバタバタとあっという間に過ぎてしまうのですが、
今回は本当に”気候に振り回された1ヶ月”でしたとほほ

特に後半はそのしわ寄せがたっぷりと来て、
頑張るはずのブログも放ったらかし・・・。
でも、書きたいことはたくさん残っているので、
早めに「振り返りブログ」にしたいと思いますえんぴつ
(って、去年も同じこと思ってたよなぁ・・・しょぼん

こちらはストラスブールでの滞在先のお部屋からとった空の写真下

こんなに明るいけど、夜21時です月
ちょうど1ヶ月ほど前の写真ですが、まだこんなに日が長くて、
外に居ると時間の感覚がズレて、ついつい夜更かししそうになるくらい。

日が短くなるにつれて、「夏が終わるんだな」としみじみ思います 感謝
学生さんは「もうすぐ新学期 本 だなぁ」と。
お菓子屋さんは「もうすぐノエルツリー(=クリスマス)だなぁ」と。ホントですよむっく

日本も猛暑がようやく終わって、秋の味覚もみじ が出始めていますね。
Le fruit de l'auroreの次の新商品は、いちじくのコンフィチュールジャムです。
9月末の発売予定ですので、お楽しみに〜!
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

夏のコフレ2013『3アルザシエンヌ・コケット』 発売しました!


お待たせしました!
夏のコフレ2013『3アルザシエンヌ・コケット』 プレゼント ようやく発売です拍手

今年のコンフィチュールは、一昨年と同じアルザスならではの果物、
"ペッシュ・ド・ヴィーニュ"、"ミラベル"、"クエッチ"の3種類。
一昨年は素材そのものの味を知ってもらうために、
なにも加えない単品(Nature)のコンフィチュールでしたが、
今年は、それぞれに異素材をプラスして”お召かし”させたということで
『3アルザシエンヌ・コケット(小粋なアルザスの3人娘)』になりました星

ペッシュ・ド・ヴィーニュに合わせたスミレの薫りスミレ
日本では、あまり食品に用いられない”花の薫り”ですが、バラと同様、
お菓子やアイスクリームのフレーバーにも使われる、一般的な素材なんです。

フランスへ来てびっくりしたことの1つが、この薫りの使い方。
食べ物とは結びつかない全然別の薫りを合わせることに、始めはとても違和感を感じましたが、食べてみると意外にすんなり受け入れられて、薫りによって
味がとても華やかになることに面白みを感じました。
日本では(特に食品に対して)、
「薫りをつける=何かを隠すため」とマイナスに思いがちですが、
「薫りをつける=新しい一面を引き出す」というプラスの作用なんですよねぐー

今では、マカロンマカロンで私が一番好きなフレーバーは”バラ”ですし、
アイスクリーム屋さんで”バラ”や”スミレ”のフレーバーを見ると、
ついつい選んでしましますおいしい
アイスクリームの”バラ”や”スミレ”の場合、”バラ”や”スミレ”に味はないはず
なので、ほぼ100%香料でしかないと思うのですが、その薫りだけで美味しいと
感じるあたり、人間の味覚って面白いですよね。むっく

そして、今回の『Le thé des muses』のフレーバーティーは、
その名も”PACIFIQUE(平和)”青い鳥
紅茶をベースに、柑橘類、ジャスミン、マンゴーの夏を思わせる香りと、
バラの花びらが入っていて、爽やか且つやわらかなフレーバーです。

もう1品の『Beauvillé』の食器ふきんは、初めてのカレンダーシリーズ。
毎年3種類ほど出るこのカレンダーシリーズですが、2014年版に
コンフィチュールがたくさん描かれたものがあったので、迷わずこれをびっくり
来年1年間は、キッチンの壁などに飾って
カレンダーとして使うのもステキですよぐー

1年前と比べて大幅に円安になった影響で、またまたお値段はUPしているのですが、今年の”お召かしアルザシエンヌ”もどうぞお試しください。

なお今回も販売期間はとっても短く、9月6日(金)までの期間限定販売ですので、お早目にご注文くださいませ感謝2
お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |