<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 製菓・製パン道具屋さん『BREHMER』 | main | 帰国しました! >>

夏のコフレ2013『3アルザシエンヌ・コケット』 発売しました!


お待たせしました!
夏のコフレ2013『3アルザシエンヌ・コケット』 プレゼント ようやく発売です拍手

今年のコンフィチュールは、一昨年と同じアルザスならではの果物、
"ペッシュ・ド・ヴィーニュ"、"ミラベル"、"クエッチ"の3種類。
一昨年は素材そのものの味を知ってもらうために、
なにも加えない単品(Nature)のコンフィチュールでしたが、
今年は、それぞれに異素材をプラスして”お召かし”させたということで
『3アルザシエンヌ・コケット(小粋なアルザスの3人娘)』になりました星

ペッシュ・ド・ヴィーニュに合わせたスミレの薫りスミレ
日本では、あまり食品に用いられない”花の薫り”ですが、バラと同様、
お菓子やアイスクリームのフレーバーにも使われる、一般的な素材なんです。

フランスへ来てびっくりしたことの1つが、この薫りの使い方。
食べ物とは結びつかない全然別の薫りを合わせることに、始めはとても違和感を感じましたが、食べてみると意外にすんなり受け入れられて、薫りによって
味がとても華やかになることに面白みを感じました。
日本では(特に食品に対して)、
「薫りをつける=何かを隠すため」とマイナスに思いがちですが、
「薫りをつける=新しい一面を引き出す」というプラスの作用なんですよねぐー

今では、マカロンマカロンで私が一番好きなフレーバーは”バラ”ですし、
アイスクリーム屋さんで”バラ”や”スミレ”のフレーバーを見ると、
ついつい選んでしましますおいしい
アイスクリームの”バラ”や”スミレ”の場合、”バラ”や”スミレ”に味はないはず
なので、ほぼ100%香料でしかないと思うのですが、その薫りだけで美味しいと
感じるあたり、人間の味覚って面白いですよね。むっく

そして、今回の『Le thé des muses』のフレーバーティーは、
その名も”PACIFIQUE(平和)”青い鳥
紅茶をベースに、柑橘類、ジャスミン、マンゴーの夏を思わせる香りと、
バラの花びらが入っていて、爽やか且つやわらかなフレーバーです。

もう1品の『Beauvillé』の食器ふきんは、初めてのカレンダーシリーズ。
毎年3種類ほど出るこのカレンダーシリーズですが、2014年版に
コンフィチュールがたくさん描かれたものがあったので、迷わずこれをびっくり
来年1年間は、キッチンの壁などに飾って
カレンダーとして使うのもステキですよぐー

1年前と比べて大幅に円安になった影響で、またまたお値段はUPしているのですが、今年の”お召かしアルザシエンヌ”もどうぞお試しください。

なお今回も販売期間はとっても短く、9月6日(金)までの期間限定販売ですので、お早目にご注文くださいませ感謝2
お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック