<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 4月のお菓子教室 | main | 4月のお菓子教室 終了しました! >>

やっぱり銅鍋!


じゃーんクラッカー 人生初のマイ銅鍋です拍手 しかもフルオーダーkira
もう、抱っこして寝たいほど嬉しいうれしい

『メゾン・フェルベール』でもそうだったように、
コンフィチュールを炊くには銅鍋が一番なことは百も承知だったのですが、
製菓道具として販売されている”ジャム用銅鍋”は天面が広く、その割に高さの
ないものばかりで、私が使いやすいと思っているサイズが見つけられないまま、
Le fruit de l'auroreをオープンして早3年が過ぎてしまいました。

「やっぱり銅鍋が欲しい!」と思っていたところ、母から
「そう言えば、同じ八尾で、打ち出しの銅鍋を作ってるところがあったはずよ」
と教えてもらったのが、『鍋工房 姫野工作所』さん。
ギリギリ自転車で行けそうな距離だったので自転車
直接伺って相談に乗っていただきました。
(完全なペーパードライバーなんです・・・とほほ

『職人さんだし、突然の飛び込み(もちろんTELはしましたが)だし・・・』
と不安ながらに行ったのですが、お会いしてみると、
同じ地元の親しみやすさたっぷりな様子クローバー
以前にもジャム用の銅鍋を作られたことがあるとのことで、
「せっかく作るんですから、とことん気に入るものを作りましょ!」
と、色んな見本を使って説明してもらっているうちに、
天面、高さ、テーパー、底のアール、持ち手、板厚・・・
結局フル・オーダーで作っていただけたんです。この時点ですでに感激うれしい

しかも、いちごが旬をむかえているため、超特急で仕上げてもらいました。
※本当にありがとうございました感謝

早速使ってみると・・・サイッコーですぐー
銅の熱伝導の良さ、板厚による保温性、仕上がったコンフィチュールの発色の良さは、分かっていたはずだけど、やっぱり感動ものあぁ・・
「中で対流しやすいから」とオススメされてつけたサイドのアールと、
底のアール具合が抜群で、ゴムベラがとてもスムーズにはらえます。
「味がまろやかに仕上がるって言わはりますね」とおっしゃっていた通り、
銅鍋にしただけですが、味がしっかりまとまったような、
なんだか去年より美味しくなってる気もおいしい

鍋サイズも今までのものより少し大きくしたので、
当然のことながら作業性が格段にUPびっくり
一人で作業している私にとって、これだけでも大きなプラスなのですが、
フルオーダーしたキラキラの銅鍋で、より色鮮やかに、より美味しいコンフィチュールに仕上がる嬉しさが、更に作業性を高めているような。
実はそれって大事ですよねクローバー

オーダーした鍋を受け取りに行った際、
「板厚上げた分、やっぱり結構重くなったけど大丈夫?」
と心配されたのですが、両手で持ち上げてみて
「全然大丈夫です!この重みが良いです」
なんて答えたものの、使ってみて気づいたのが、
最後に鍋底に残った少量のコンフィチュールをあけるときは、左手で鍋を持って
逆さに傾けたまま、右手でゴムベラを使ってはらわないといけないむっく
さすがに片手の逆さ持ちは、腕がプルプルしました・・・しょぼん
(二の腕が引き締まったらいいなぁえへ

この銅鍋で作った『いちごのコンフィチュール4種』イチゴジャム
実際に見て、味わって、ぜひ昨年との違いを感じてみてください感謝



 矢印到着したてのマイ銅鍋。
   神々しく輝いてるでしょkira




  『鍋工房 姫野工作所』
   〒581-0037 
   大阪府八尾市太田1-11
   tel:0729-49-5174
   fax:0729-49-5152
   http://www.nabekoubou.com

コンフィチュール | permalink | comments(3) | trackbacks(0) |

この記事に対するコメント

始めまして、宮崎でミニトマトを栽培している小川紘未(おがわひろみ)と申します。
実は、ジャム用の銅鍋を探しておりましてブログにお邪魔させていただきました。
お忙しいのに申し訳ありませんが
フルオーダーで作られた銅鍋の詳細を教えていただけますでしょうか。
よろしくお願いします。
ひろみ | 2014/04/11 4:05 PM
小川紘未さま

メッセージに気づかずに1ヶ月以上も経ってしまっていました。申し訳ありません。

『銅鍋の詳細』とは、サイズのことでしょうか?
こちらのサイズは直径270、高さ150mmです。
使用されるコンロの大きさ、1回に作りたい量などによっても、使い勝手が違ってくるかと思いますので、もしオーダーをお考えでしたら、
一度作り手さんとご相談されることをお勧めします。

ぜひ、自分仕様の銅鍋を作ってみてください!
ももも | 2014/05/14 11:58 AM
もももさん〜
お忙しいのに、ありがとうございます。
助かりました。

実は、ご紹介のあった姫野鍋工房にお願いすることになりそうです。

おかげさまで、よい方とご縁が結べそうで、とっても嬉しく思っています。

うちは、3キロのミニトマトを加工するので
44儖幣紊瞭蕕鮹気靴討りましたが
ちょうど42僉聞發毅隠鍬僉砲里發里あるとのことで、価格交渉をお願いしているところです。自己資金が少なく^^;

さて、加工初心者なので一つ質問させていただけますか〜

鍋の付けた方がよいですか?
段付きなので付けなくても使える!と言われましたが、やはり付けた方が便利なのでは・・・と思っています。
また、取手はもももさんの鍋のように横に付けた方がよいですか?

お忙しいところ、恐縮ですが
よろしくお願い致します。
ひろみ | 2014/09/03 9:02 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://journal.le-fruit-de-laurore.net/trackback/181
この記事に対するトラックバック