<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< * Joyeuses Pâques * | main | やっぱり銅鍋! >>

4月のお菓子教室

 


今月のお菓子教室のメニューは
春ならではの、”タルト・リュバーブ”と”アニョーパスカル”です。

アルザスの春の食材と言えば、白アスパラと、このリュバーブリュバーブ
日本でも長野や北海道で生産されていて、
百貨店のグロッサリーや、高級スーパーなんかで見かけることもありますが、
なかなか使い方までご存知の方は少ないのではないでしょうか?

最近では、お菓子屋さんでもリュバーブを使ったケーキを少しずつ見かけるようになりましたが、今回のお教室では、リュバーブを一番シンプルに味わえる
タルト・リュバーブを作ります。タルト
メレンゲのボリュームに圧倒されそうですが、
リュバーブは、生では食べられないくらい酸味が強い食材なので、
レモンのタルトのように、このメレンゲ仕立てが断然オススメですおいしい
(直径10cm×高さ5cm位のタルトを、お一人2台作っていただくので、
 壊さず持ち帰れるタッパーやケーキ箱をご用意ください)

もう1つのお菓子アニョー・パスカルは、春を告げるイベント
”復活祭(Pâques)”で食べられる、ひつじ型のビスキュイひつじ
フランスの中でもアルザスとモーゼル地方でのみ食べられるお菓子で、
クグロフと同じくアルザス陶器でできた型で焼きます。
アルザスでもこの時期にしか食べられない伝統的な地方菓子。
ご試食では、コンフィチュールジャムを添えて召し上がっていただきます。

お申し込みは、お名前・ご住所・お電話番号・ご希望時間帯、参加人数を
メール(>info@le-fruitde-laurore.net)で送っていただくか、
パン教室NahrさんのHPからどうぞ!

ご参加お待ちしております感謝


☆Le fruit de l'auroreのお菓子教室☆
 日 時: 4月 21日(日) 10:30〜13:00 → 残り1名
       4月 26日 (金) 。隠:30〜13:00
                 ■隠:30〜17:00 → 残り2名 
 定 員: 各回3名
 場 所: パン教室Nahr
       ※阪急千里山駅から徒歩7分 
 参加費: おひとり様 5,000yen 
 持ち物: エプロン、ハンドタオル、筆記用具、持ち帰り容器
       ※容器は、クッキー缶、ケーキ箱、タッパーなど
        直径10cm×高さ5cm・2台分が納まるサイズ
 メニュー: ・タルト・リュバーブ
        ・アニョー・パスカル(デモ&試食のみ)
お知らせ | permalink | comments(4) | trackbacks(0) |

この記事に対するコメント

4月26日(金)は時間の前に?マークが付いていますが
時間が変動する可能性があるということでしょうか?
なりっち | 2013/04/02 10:55 PM
>なりっちさん
ん?ん? 私のPCでは”?”は出ないのですが・・・。
4月26日(金)は、午前の部と午後の部があって、10:30〜13:00 14:30〜17:00 のどちらかを選んでいただけます!
時間は固定ですよ〜。
ももも | 2013/04/03 3:12 AM
私がMACで見てるからかもしれませんね。

時間固定なんですね。
ありがとうございます。
26日(金)に参加希望です☆
また改めて予約の連絡します。
なりっち | 2013/04/03 3:56 PM
MACの人には”?”が出てるんですね・・・あわわ。

お教室の申し込み、お待ちしています!!!
ももも | 2013/04/04 6:16 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://journal.le-fruit-de-laurore.net/trackback/180
この記事に対するトラックバック