<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Joyeux Noël | main | 明けましておめでとうございます >>

12月のお菓子教室 無事終了しました!


ちょっと遅くなりましたが、12月のお菓子教室のご報告を。

メニューは、せっかく12月の開催なので、
 サン・ニコラのブリオッシュ(マナラ)※写真上
 モンブランのプチ・ビュッシュ
の2品。

前回のコンフィチュール教室では、デモンストレーションのみでしたが、
今回、マナラは成形と焼成をしていただき、
ビュッシュはパーツをデモンストレーションでお見せした後、
各自で仕上げたものを最後に試食していただきました。

お菓子のマジパン細工が、作るパティシエの顔に似るといわれるように、
このマナラも、なんだか作る人に似ているような仕上がりで、
背の高い方が作るとすらりと大人っぽいマナラに、
小柄な方が作るとコロンと可愛らしいマナラが出来上がっていましたクッキー
(上の写真は私が作ったもの。ひとり目が飛び出てますね・・・あは)
試食時には、りんごのコンフィチュールジャム『サン・ニコラ』を添えて。

  モンブランのプチ・ビュッシュは、
  アイスクリームを土台にした
  デザート仕立て。

  メレンゲの泡立て方とモンブラン
  クリームをデモで紹介し、メレンゲと
  モンブランクリームの絞りに挑戦して
  いただきました。

 
  お菓子作りで一番のクライマックス
  である組み立て(仕上げ)なだけに、
  ワイワイ、キャーキャー、出来栄えに
  大盛り上がりうれしい


アイスクリームアイスもメレンゲクリーム も大好きな私にとって、このデザートは
kira黄金の組み合わせkira なのですが、フランスでは”Meringue glacé”という
とてもポピュラーなデザート。2〜3種類のアイスクリームやソルベを大きなメレンゲでサンドし、その上を生クリームで飾った、見た目はボリューム満点ですが
意外とぺろりと食べれる、食後にぴったりのデザートなんですぐー

ビュッシュ・ド・ノエルにも、ロールケーキタイプ、ムースタイプ、アイスクリーム
タイプの3種があって、クリスマスの豪華なディナーの後には、アイスクリーム
タイプが実はオススメかも。
というわけで、今回はアイスクリームタイプのプチ・ビュッシュにしてみました。

日本は湿度が高いこともあって、メレンゲ菓子を見かけることは少なく、
甘い印象が強くて敬遠されがちですが、試食では皆さん「おいしい〜!」と
気に入っていただけた様子。
メレンゲの美味しさの普及に一役買えたようで私も嬉しくなりました星

  教室内で作ったメレンゲは、
  皆さんにお土産として持って帰って
  いただいたのですが、
  皆さん復習してくれたかなぁ。
  どなたかのクリスマスパーティーに
  登場してくれたかなぁ。

 ←こちらは、マナラを題材にした絵本。
  その名も『SuperMannala』むっく
  焼きすぎて焦げたマナラが、
  スーパーマンならぬ
  ”スーパーマナラ”になって
  冒険するお話ですハート
お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック