<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

沖縄からも!!!

北海道からに小包が届いたと思ったら、今度は沖縄から小包が!!!
なんと、これまたストラスブールで出会ったお友達のMちゃんから、
毎年届く恒例の”沖縄便”、別名”沖縄玉手箱”でした下


『出先で美味しそうなマンゴーを見かけたので、ひと月早いのですが、
 毎年恒例の沖縄便を、勢いで送ってしまいましたびっくり
とのこと。
Mちゃんは、私の誕生日に合わせて、
こうしていつも沖縄の素敵なものを送ってくれるのです。
Mちゃん、ありがとう!!!うれしい

その言葉のとおり、真っ赤に熟した沖縄マンゴーマンゴー
甘い薫りが箱に充満しています!
そしてパッションフルーツと、手でちぎって食べれるスナックパインパイナップル
さすがの南国感〜フラ

早速冷やして、マンゴーパフェにしてみましたおいしい

矢印
見よ!この瑞々しさぽかぽか
写真では分かりにくいですが、上から
生クリーム(+ミント)

パッションフルーツ

完熟マンゴー

バニラアイス

ウエハース(割って)

マンゴープリン

ココナツプリン
の構成。


ココナツプリンもマンゴープリンも、どちらも市販のものですが、
とにかく完熟の沖縄マンゴーが全てぐー
こんなに甘くて、薫り高いマンゴー、久々に食べましたうれしい
やっぱり収穫後に追熟したものと、木で完熟したものでは、
全然違いますね。
マンゴーの甘味とバニラアイスの甘味に、
パッションフルーツの酸味でバランスが取れて、
最高のデザートになりましたおいしい

お菓子作りも、当然素材の善し悪しが味を大きく左右するので、
美味しいフルーツに出会うと、
「これでお菓子を作ったら美味しいだろうなぁ〜ドキドキ
とワクワクするのですが、新鮮なものを目の前にすると、
やっぱり出来るだけ手を加えず、そのまま食べたくなるもの。
果物自身が「美味しいよ〜」と言ってるようで、
自然が持つ魅力ってすごいなぁと思います。

というわけで、今回のマンゴーマンゴーとスナックパインパイナップル
コンフィチュールに変身することなく、すっかりお腹に収まってしまいましたえへ
あ、パッションフルーツは、コンフィチュールとして活用の予定です。
(これで良かったかな?Mちゃん・・・)

ストラスブールに居た時から、何かにつけてお世話になっていたMちゃん。
実は私より5歳も年下なのに精神的にはずっとお姉さんで、
気づけば頼っている感じ感謝
彼女の持つゆったりした雰囲気と言葉に何度助けられたことか。
そんな彼女に『桃さん、沖縄に住めますよ!』と言われたのが、
実はすごく嬉しかったりもしますうれしい
(当時、部屋の鍵をかけないことが多かったせいなのですが・・・むっく

ここ数日のひどい暑さでうだーっとなりかけてただけに、
今回の沖縄便で、Mちゃんから発破をかけてもらったような。
(さすがMちゃん。神と呼ばれただけあって、お見通しなのか!?
しかもこれまたストラスブール繋がりのお友達だし。
フランスが私を呼んで・・・いないかなぁ?
おいしいもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

我が家にパンがやって来た!

東京・経堂のパン屋さん『ハチイチベーカリー』でLe fruit de l'auroreの
コンフィチュールの販売が始まってすぐ、我が家にハチイチさんのパンが
届きました!
じゃーん下
奥から、角食、セーグル、フリュイの3種。
ひょいっと気軽に買いに行ける距離じゃないため、まだハチイチさんのバゲットしか食べたことのない私に、うれし過ぎる心遣いですうれしい
土曜日の午前中に届いたので、早速ブランチでいただきましたランチ

まずはシンプルな角食。
 
キメが揃ってしっとり。なのでこんなにハッキリと歯型が抜けますえへ(写真・右)
そのまま食べると生地のミルキー感がよく分かって、
何もつけなくてもパクパク食べてしまいます。
「気づいたら一斤食べちゃってた」なんて人もいるのでは?

 もちろんトースト・バージョンもおいしい
 バターを塗って
 『りんご×キャラメル』のコンフィチュールを
 のせたら、これもまた相性ピッタリぐー
 (写真の前にかじっちゃった・・・)


次にセーグル(カットした写真を撮り忘れました・・・)。
石臼挽きしたライ麦が50%入ったパンですパン
実は私、セーグルの酸味ともそもそした食感が苦手なのですが、
このパン・オ・セーグルは外側が香ばしく、酸味も穏やか、食感ももっちりとしていて私でも美味しく食べられましたおいしい

最後にフリュイ。
セーグルの生地に、3種類のドライフルーツがごろごろと入っているのですが、なんとドライ・バナナが入っているんですバナナ レーズンとアプリコットの酸味に加えて、このバナナの薫りと甘みが凄く効いていて美味しいkira
フルーツとしても人気だし栄養価も高いバナナですが、実はお菓子やパンに
使うと、なぜか化学的な味になってしまう難しい素材なんです。
ドライ・バナナを使うアイディアも、セーグル生地や他のドライフルーツとの
バランスも絶妙で、すっかり気に入りました。私のイチオシですぐー

今回は、お店が閉店した後に発送してくださったそうで、
製造から3日目のパンたちだったのですが、冷凍便だったとはいえ、
3日目とは思えない美味しさにびっくりむっく
焼き立てをいつでも買いに行けるYさん(私たちの仲人!?)が羨ましいです。

美味しいパンを作るだけでなく、
こんな嬉しいサプライズをしてくださるハチイチさん。
その職人としての技と心意気を、お手本にさせてもらいますクローバー
おいしいもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

捨てるとこナシの”水切りヨーグルト”

去年の9月から始めたジム通い走る
3日坊主、3週間坊主、3ヶ月坊主にもならずにちゃんと続いてます!

でも「半年も通えば腹も6つに割れるだろう」なんて軽く考えていたのが大間違いで、未だにお腹はたるたるのまま・・・はてな
筋肉をつけるには、運動だけでなく食べるものも重要とのことで、数少ないしゅんジム友達から、青汁や豆乳など体に良いものをオススメしてもらっては試してるのですが、最近知ったのが”水切りヨーグルト”。
「ネットにも活用レシピが載ってるよ」ってことで検索してみたら、
ものすごいヒット数でびっくりしました!(”水切りヨーグルトパック”までアリ!)

『2001年ごろにヨーロッパで大ブーム』、 『最近では世界中で大流行』
らしいのですが、みなさんご存知でしたか?
日本では、去年テレビでも紹介されて、レシピ本まででてるみたいなのですが、なぜかカスりもしていなかった私・・・。軽くショックですむっく

で、早速作ってみたら美味しいkira
ヨーグルトの味が凝縮されて、フロマージュ・ブランっぽいかも。
もっと濃縮させたくて2日ほど置いたら、表面はリコッタチーズくらいの固さに。(でも混ぜるとやっぱり滑らかになります。)
はちみつやコンフィチュールと合わせるにも、
水切りヨーグルトの方が好きかもですぐー

この水切りヨーグルトを作った時に出る水”ホエイ(乳清)”も栄養満点で、
こちらを使ったレシピもたくさん!
教えてくれた友達は「そのまま飲む」と言っていたので、私も一口飲んでみたら酸っぱいびっくり!!!
酸味に弱いつもりはないんですが、グビグビは絶対飲めない酸っぱさ。
なので、ホエイレシピの中のパンケーキを作ってみました。

じゃーん下

なんて爽やかな焼き色!これぞパンケーキぽかぽか
今回は水切りヨーグルトに砂糖を加えてクリームにし、
コンフィチュールの『りんご×キャラメル』ジャムと軽くローストしたクルミ、
更にパンケーキシロップをかけましたおいしい

水切りヨーグルト+砂糖=サワークリームのような味を想像していたのですが、そこはやっぱりヨーグルト。
サワークリームほど脂肪分がないので、凝縮されたヨーグルトの酸味が
ダイレクトに感じられ、砂糖を加えてもかなりさっぱりしたクリームでした。
生クリーム大好きな人には、ちょっともの足りないかも。

今回使ったレシピは『卵を使わないのにふんわり・もっちり』がウリのようで、
卵を使わないから、このうっすらしたパンケーキ色に上がるんでしょうね。
もちろん、ベーキングパウダーは入っているのですが、
このもっちり感はホエイならでは。コシがあるような、日本人好みの食感ですぐー

卵や牛乳をたっぷり使ったホットケーキホットケーキと比べると、
やはり生地そのものの味は薄いのですが、卵アレルギーのお子様や、
ベーコンなどを添えた朝食用パンケーキとしてオススメです!

この水切りヨーグルト、なかなか面白そうな食材。
オススメのレシピや活用法があったら、ぜひ教えてください感謝

おいしいもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

季節限定チーズ!Mont d'Or!

秋冬しか食べられない季節限定のチーズ、”モン・ドール(Mont d'Or)”。
終わってしまう前に食べたい!!!ということで、
Tちゃんの家で”モン・ドール会”をしましたランチ

持ち寄りランチということで、数々の手料理がじゃーん!
 
右は、Tちゃんが2年前にアルザスのワインカーブで買ってきた
”リーズリング(Riesling)”白ワイン
すっきりとしてお料理に合わせやすく、私の中でアルザスワインと言えば、このリースリング(Riesling)とゲヴュルツ(Gewurtztraminer)です。

 矢印こちらが今日の主役、
  ”モン・ドール(Mont d'Or)”
  ウォッシュタイプの牛のチーズで、
  こうして丸い木箱に入ってます。
  
  熟成すると表面はオレンジ色になる
  のですが、今回Tちゃんが用意して
  くれたのは、チーズ熟成士さんが
  おすすめしてくれたもので、なんと
  キレイなピンクオレンジ色kira
  (写真では分かりにくいかな・・・)

  中はトロリと柔らかくなるので、
  こうやってスプーンですくって・・・


 拍手 じゃーん! 拍手

モン・ドールに私の『クリスマスのコンフィチュール』ジャムをのせ、
さらに軽くローストしたクルミをパラリ!
この食べ方、毎年『クリスマスのコンフィチュール』を買ってくださるお客様で、
チーズに詳しく色々なコンフィチュールとチーズとの組み合わせを試された方が
「これが今までで最高の組み合わせでした!」
と言ってくださった食べ方。
それ以来、いつかやってみたいと思っていたんです。

その言葉通り、最高&最強の組み合わせで、思わずTちゃんが
「Bon Mariage(=絶妙な相性)やでぐー
と、彦摩呂風にコメント(笑)
私も「ちょっと私ヤルよね!?」と、自画自賛えへ

ちょっと意外かもしれませんが、チーズとコンフィチュールを合わせるのは、
実はとてもポピュラーな食べ方。
甘×(塩)辛の美味しさプラス、ドライフルーツの凝縮した味やナッツの香ばしさが加わるので、その全部を詰め込んだ『クリスマスのコンフィチュール』が、
チーズに合わないわけはないですよねおいしい
皆さんにも、ぜひ一度試していただきたい組み合わせです!

最後のデザートは、もちろん私が下

絶対にお腹いっぱい食べると思ったので、デザートは軽めに
白ワインのゼリー白ワインとイチゴアイスのメレンゲクリームのせ。
バレンタインは過ぎてしまいましたが、ハート型にしてみました。
こんなところでも、メレンゲ普及活動を遂行中ですぐー

良く食べ、良く飲み、良くしゃべり、良く笑った、素敵な休日でしたクローバー
おいしいもの | permalink | comments(2) | trackbacks(0) |

目の覚めるおいしさ! * janvier,2013 *

飛び抜けて美味しいものを口にしたとき、皆さんはどんな反応になりますか?
私は、ビビっと背筋に電気が走るような「びっくりはてなびっくりはてなびっくり」という驚きのあと、
顔がゆるんで、体が横揺れしだします(笑)

そんな”目の覚めるような美味しいもの”をご紹介。※あくまでも私の主観です

まず、今年1つ目はコチラ↓

メゾン・フェルベールの『フランボワーズ×キャラメル』ジャム
今年の日本のサロン・ド・ショコラ用商品として作られた、
”ジャムの妖精”クリスティーヌ・フェルベールの新作で、柔らかいキャラメルを
合わせたフランボワーズ(=ラズベリー)のコンフィチュール。

今までも、『りんご×キャラメル』や『洋梨×キャラメル』など、”キャラメル”と名のつくコンフィチュールはあったのですが、それらは”キャラメル”と言っても
クリームが入らない”カラメル”を使ったもので、今回のように生クリームを加えた”キャラメル”は初めて。
組み合わせとしては奇抜ではないし、絶対に相性が良いのは想像できるのですが、会場で試食した瞬間、その想像をはるかに上回る美味しさに、思わず
”妖精”の腕をパンチしてしまいましたぐー (”妖精”は全く動じず。)

残念ながら、大阪の伊勢丹では2月14日までの販売でしたが、東京の伊勢丹(新宿店)では今も買えるのかな?
買えない場合は、もうアルザスまで行っちゃいましょう!えへ


2つ目はコチラ↓

アルザス白ワイン、Marckrainの『Gewurtztraminer 2008 Grand cru』。
アルザスワイン白ワインとタルトフランベ(アルザスのピザ?)が楽しめるお店
「代官山コテ・フー」で出してもらいました。

アルコールに強くない私は、量も飲めないしワインの知識も全くないので、
「好き」か「嫌い」かぐらいの区別しかできないのですが(笑)、
このゲヴュルツトラミネールを飲んだ時は、その薫りの豊かさにビックリむっく

ゲヴュルツトラミネールは、アルザスワインの中で最も甘味が強く、ライチのようなバラのような薫りが特徴的な、とても”女性らしい”ワイン白ワイン アルザスでは
お菓子の香りづけにも使われます。(私も『杏×干し杏×アルザス白ワイン』で使用。)

ちょうどアルザスで知り合った女の子どおしの女子会薔薇だったこと、アルザス
ワインの辛口から始まって最後に飲んだ1杯だったこと(=ご機嫌にほろ酔い)もあってか、1口飲むと体中がバラの薫りで満たされて、自分が一気に女性らしくなった気分にどきどきkira

この「代官山コテ・フー」は、アルザスで修業を積んだソムリエの友人が開いたお店で、石窯で焼くタルトフランベと一緒に、美味しいアルザスワイン白ワイン
楽しめます。

アルザスワインをこよなく愛する人なので、ワインに詳しくなくても、
ステキな声でいろいろ丁寧に教えてもらますよ。(きっと!)
私たちが行ったときも、1人でふらりと立ち寄るお客様がいたり、
知っているとちょっとステキなお店星
小さいお店なので、何名かで行くときには予約がオススメです電話

『代官山コテ・フー』
〒150-032 東京都渋谷区鴬谷町8-10 代官山トゥエルブ2 / 1F-D
TEL:03-3461-2024
月: 18:00 - 23:00
水 - 金: 18:00 - 23:00
土 - 日: 12:00 - 13:30/18:00 - 23:00
おいしいもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

王様だーれだ?

1月6日はエピファニーと言って、ガレット・デ・ロワ(Galette des Rois)を
食べる日。数日遅れですが、ウチでもガレットを焼いてみました。

手作り感あふれる王冠も(笑)王冠

 中は、アーモンドクリームが基本。
 他には、アップルパイのように
 リンゴのコンポートが入ったもの、
 チョコを加えたアーモンドクリーム
 +洋梨のコンポートなど、お店ごと
 で色々なバリエーションがあります。
 今回はアーモンドクリーム+渋皮栗
 の”マロンパイ”にしてみました。


このガレット・デ・ロワ、中にはフェーブ(fève)という陶器でできた
小さなモチーフが隠されていて、それが入っていた人はその日1日、
王様または女王様になれるんです星 
そんなゲームが楽しいのと、フェーブをコレクションする楽しみもあって、
フランスでは1月に人が集まると、必ずと言っていいほど
このガレット・デ・ロワを食べますおいしい

そしてこのゲームには、
 ・一緒に食べる予定だったメンバーに、プラス1人予定外の人を加える。
  (たまたまやって来た郵便配達の人とか?)
 ・その場にいる最年少の人がテーブルの下にもぐり、
  どの1切れを誰が食べるか指名する。
というルールがあるのですが、”予定外の1人を加える”のは、
実際なかなかできないもの。
ですが、私がフランスに居た時こんなことがありました

kira  kira  kira  kira  kira  kira  kira  kira  kira  kira  kira  kira
ある1月に、女の子4人で「ガレット・デ・ロワを食べよう」ということになり、
ガレットを買ってお気に入りのカフェへ。
(フランスのカフェは、基本的に食べ物の持ち込みOKなんですぐー

もともとガレットは大人数で食べるものなので、
4人で食べるにはちょっと大きすぎるなぁと思いつつ隣のテーブルを見ると、
1人でカフェを飲みつつ読書をしている男性を発見むっく

『ガレットを食べるときのルールに”予定外の1人を加える”ってあるしね!』
ということで、その男性に
「一切れいかがですか?」
と差し出すと、ちょっと恥ずかしそうに照れながらも
「Merci!」
と受け取ってくれましたきらきら

男性は「美味しいね!」と言っただけで、特に私たちと話すこともなく、
私たち女の子4人はワイワイ話し込み・・・。
しばらくするとその男性は立ち上がり、私たちにもう1度
「Merci!」とガレットのお礼を言って帰って行きました。

男性が帰った後も私たち4人のおしゃべりはしばらく続き、
「そろそろ帰ろうか」とカフェのお金を払いに行くと、店員さんが

「君たちの分は、さっきの男の人が全部払ってくれてるよウィンク

と! うれしいうれしいうれしい
kira  kira  kira  kira  kira  kira  kira  kira  kira  kira  kira  kira

ちょっと素敵な出来事でしょ?星


ところで、今回のフェーブはコチラ ⇒
ぞうのババールですぞう
これはママかな?
私がフランスで働いていたお店で
ある年に使っていたのもの。

どの店でも大抵
「こんなフェーブが入っています」
とフェーブの見本も一緒に飾ってある
のですが、フェーブによってその年の
ガレットの売れ行きも左右されるとか。


そして、これを当てたのはなんと私でした拍手
「自分で作って、自分で当てるなんて!!!」と言われましたが、
私は最後に残った1切れを取ったから、イカサマじゃないもんね〜えへ


 イエーイ星


おいしいもの | permalink | comments(2) | trackbacks(0) |

思い出のお菓子との再会

今日、ン十年ぶりに思い出のお菓子と再会できましたうれしい
そのお菓子とは、仙台の九重本舗玉澤さんの『霜ばしら』下


私が小学校低学年の頃、父親が出張みやげに買ってきてくれたのが、
このお菓子との初めての出会いおいしい
『霜ばしら』の名前のとおり、空気をたくさん含んだ飴で、口に入れるとサクサクっと飴には似つかわしくない食感が特徴雪
その後はすぐに溶けてなくなってしまうところも、『霜ばしら』そのものなんです。

その上、写真でもわかるように、缶の中には壊れ防止のために“らくがん粉”が敷き詰められていて、その中に『霜ばしら』がぎっしりと縦に埋まっており、
食べるときにはその『霜ばしら』を掘り起こさないといけない、
その発掘作業もまた楽しいうれしい

その後、父が仙台に出張する機会がなかったのか、再びおみやげに買ってきてくれることはなく、あの食感、キラキラした飴の美しさ、発掘の楽しさ(?)が
忘れられなかった私は、百貨店の物産展などで探してはみたのですが
出会えずしゅん
今と違ってネットで検索、お取り寄せできる時代でもなかったので、
二度と出会うことのないまま記憶が薄れていました。

それが今月、大阪三越伊勢丹の『10月の菓遊庵まつり』に出品されていて、
感動の再会になったのです!!!
しかも新しい味として、私の大好きな“黒糖”味までドキドキ

右側のちょっと茶色がかっているのが黒糖味。上
なのですが・・・期待しすぎたのか、この軽い食感とやわらかい甘味には、
繊細な白砂糖の方が合うようです。
やっぱり本物の『霜ばしら』に忠実な方がいいのかしら?

でも、あの食感、甘さ、はかなさはン十年前のまま!
こうしてまた出会えたなんて、あぁぁ〜感動ものですきらきら

なのに、この感動を家族に熱く語っても、母も兄もちっとも覚えておらずおどろくドゥラ
私なんて、この缶の水色さえ覚えていたのに!!!

恐らく、父は家族みんなのために買ってきてくれたんでしょうが、誰よりも気に入ってしまった私が、少しずつ大事に食べて、独り占めしたような・・・。
最後に残った“らくがん粉”を舐めて「おいしくない!」と思った
悲しい記憶さえありますしょぼん
※商品に添えてあるリーフレットには、『フライパンで乾煎りし砂糖と少量の塩を
 混ぜてお召し上がりください』となっています。


残念ながら、“黒糖”味は10月16日(火)で販売が終了してしまいましたが、
白い『霜ばしら』は10月いっぱい販売しているようですので、
大阪や関西にお住まいの方は、ぜひ食べてみてくださいぐー
(冬季限定商品ですが、九重本舗玉澤さんでは通販もされているようです。)
おいしいもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

初リュバーブのタルト@JAPON

コンフィチュール用に届いたリュバーブリュバーブをちょっと拝借して、
リュバーブのタルトを焼きました。
卵白モノが大好きな私は、もちろん”メレンゲ仕立て(Meringée)”でタルト

ストラスブールで働いていた時は、
毎朝ホールで3台作っても午前中には売り切れてしまうくらい、
春になると誰もが楽しみにしている人気のタルトです。

帰国して以来、日本で初めて焼いたリュバーブのタルト。
どんな味に仕上がるのかちょっと不安でしたが、
アルザスで焼いていたものを思い起こさせる、なつかしのあの味うれしい
酸っぱいリュバーブに甘いメレンゲのバランスがちょうど良くて、
大きくカットしても、意外とペロっといけちゃいますよ。
アルザスでは、もう2まわりくらい大きいんですけどねおどろくドゥラ

日本でも、冷凍のリュバーブなら比較的手に入りやすくなってるようで、
お菓子屋さんでも、時々リュバーブのタルトを見かけたりするのですが、
メレンゲがのったこのタイプは、なかなか見かけません。

もちろん「メレンゲ=甘い」のですが、
リュバーブには、この”メレンゲ仕立て”が絶対お勧めぐー
お菓子屋さんで見かけたら、たっぷりのメレンゲにビビらず、
ぜひ食べてみてください。納得できるはずですからえへ
おいしいもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

今年のリュバーブ!

今年もこの季節がやってまいりました!
じゃーーーん下

リュバーブリュバーブリュバーブです!
私は緑色のコンフィチュールに仕上げたいので、
あまり赤くないものを使っています。

というわけで、あと1週間〜10日ほどで
リュバーブのコンフィチュールジャムを発売する予定です。
どうぞお楽しみに星
おいしいもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

クレープの日 〜 Chandeleur 〜

クリスマスから40日目である2月2日は、『Chandeleur(シャンドゥルー)』
(キャンドルキャンドルの意味)という、フランスではクレープを焼く&食べる日です。

日本では "『マルディ・グラ』=クレープを食べる日" と思われていることが多いようですが、実際は、この2月2日の『Chandeleur』にクレープを作る&食べる習慣があり、『マルディ・グラ』は仮装のカーニバルが行われます。
なぜクレープかと言うと、まーるく黄金色に焼けたクレープは光り輝く太陽太陽 を連想し、寒くて暗い冬から、再び春クローバーへ向かうことを意味するとか。

確かに、私が居た北東部のアルザスの冬は、雪も多いし日も短いので、
なんとなく気分も暗くなりがちしょぼん
クリスマスまでは、街も人もワクワク意気込んで、華やかに盛り上がってるけれど、それが終わり新年を迎えた後は、一気に脱力感というか、
「終わっちゃったぁ〜えぇん」という焦燥感もあったり・・・。
こうして春を待ちわびる気持ちや、ようやく訪れた春を祝うPâque(パック)うさぎ のはしゃぎっぷりも、あの環境だと納得できます感謝2

今年の日本の冬は、各地で大雪が降り雪、びっくりするくらい寒いので、
私も春を待ちわびながら、クレープを焼くことにしました筋肉

小麦粉、卵、牛乳・・・を混ぜ合わせて生地を準備したら、いざ焼き始めるのですが、Chandeleurの日は、クレープをひっくり返す時、
 『左手にコインコインを握り、右手でフライパンフライパンを持ち、
  ひょいっと宙に浮かせてひっくり返したクレープを上手にキャッチ出来れば
  その年はラッキーに過ごせる』
という、クレープ占い(遊び)がありますクローバー

と言うわけで、
左手にコイン(2€)を持って・・・
そおれっ!
じゃーん!みごと成功拍手 と言いたいところですが、実はこれ2枚目。
1枚目はフチに引っ掛けて、しっかり床に落としました(半分だけね)えへ

こうして焼き上げたクレープ、まずは、憧れつつも未だ食べたことのない
"クレープシュゼット"にすることに。
砂糖、バター、オレンジジュース(お好みで実・皮も)を煮詰めた中に、
焼いたクレープを投入。
クツクツ・・・良い薫りぽかぽか
ソースが程よく詰まったら、お皿に移して出来上がり拍手
温かいうちに、Bon Appétit〜ランチ

はい、ごちそーさまーおいしい

温かいクレープの次は、冷たいクレープを。
バニラアイス&チョコ・オレンジソース。
アイスクリームが溶けないうちに、Bon Appétit〜ランチ

はい、ソースまできれいに、ごちそーさまーおいしい

今回初挑戦したクレープシュゼット。焼いた後ひと手間加えるせいか、
意外とお家で作らない食べ方だと思うのですが、
実際は材料も手軽だし、あっという間に出来るし、
そのくせ出来上がりはちょっと豪華きらきら お子様には、バニラアイスをのっけて
甘味をプラスしたりして、ぜひぜひ挑戦してみてくださいぐー

ちなみに冷たいクレープの"チョコ・オレンジソース"には、
現在発売中の『オレンジ×ショコラ』を使用。
そのまま(常温)では、タルティーヌ向きヌテラのかたさなので、
ちょっと温めてとろ〜っとしたところを、
アイスクリームにもたっぷりかけるのがオススメ。
上記の写真のように、ソースまでぺろりと完食まちがいなしですえへ

※オレンジのコンフィチュールは、他にも
  ・オレンジ×レモン 〜 2agrumes 〜
  ・オレンジ×シナモン
  ・オレンジ×アールグレイ
 の3種が発売中です。こちらもどうぞお試しください感謝2
おいしいもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |